« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月の3件の投稿

2015年7月27日 (月)

ウミネコ -講座モチーフ-

Img_00041

8月前半は、ウミネコを描きます。

今回はお盆で少し日程がイレギュラーです。
7/29武蔵境、7/31多摩センターと
8/4溝の口第1、8/5新宿、8/7綾瀬クラスのモチーフです。
(明日の伊勢原第4は下の雨上がりの風景です)

毎日恐いような暑さですよね。絵の中で海を感じましょう^^
このウミネコ、もっと寄りで見ると結構恐い顔をしています。
気になる方はネットで画像検索してみて下さい^^;

先に体に陰影を付けてから目や羽の柄を描いていきます。
周りはいつもと少し違う方法で全体に色を付け、またスプレー
を使っています。

乾いた紙に直接色を置いています。
Dsc_1210r1

本当に暑いですから、皆さん水分補給を忘れずに
気を付けてお越し下さい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月20日 (月)

hana 闘病中

実はhana、現在闘病中なのです。
落ち着いたらここにも書こうと思いつつ2ヶ月経ちました。
整理して書こうと思いますが長くなるかも。

始まりはGW明け。
一晩でお水のボールがほぼ空になっていて、トイレシーツが尿でずっしりと重く、何これ??と思ったところからでした。
近くの病院で腎不全と診断。
ひと月前の健康診断では血液検査の数値は正常だったのに。。
尿管に石が詰まった事で急激に悪くなったようでした。

そこからその病院で7日、大学病院に移って18日。
なんと25日もの入院生活。
その間も、人間でいう人工透析の代わりのような点滴を24時間入れっぱなし。
腎臓の影響で心臓も悪くなり、結石を取る手術に耐えられるかも分からない状態でしたが、何とか2度の手術を頑張ってくれました。

大学病院にて↓
20150607093818_deco

hana自身は訳も分からず突然知らない場所に連れて来られて、痛い思いや不安な思いをしていたと思います。
飼い主に出来る事は、毎日顔を見せて少しでも安心させる事くらいだったので、とにかく通い続ける日々でした。
手術の日は術前から結局5時間待つ事になったり。。あの頃はお互い本当にきつかった((+_+)) もちろんhanaの方がずっと大変だったのですが。

そしてやっとひと月程前に退院してきたのです。

退院当日、やっと家で安心出来たところ↓20150612183630_deco_2

そこから、hanaちゃん、何だか元気なんです。
24時間手放せなかった点滴を一度もせず、心臓のお薬だけで、食欲もあって落ち着いています。
犬の腎不全は本当に怖い病気で機能しなくなった腎臓が回復する事はなく、hanaは相当悪い状態だったようなので、詰まった石を取ってもどれ位良くなるか。。と先生もおっしゃっていたのに。
私も、正直覚悟しなきゃいけないのかと半分位は思っていました。
(主人は全くそうは思っていなかったようで、何とかそれでバランスが保たれていたような・・)

なので今の状況は嬉しい肩すかしです。
食欲がなくなったらこれを食べさせると良いと、ネットで見て用意していた生クリームや無塩バター、牛赤身・・・全部飼い主のお腹に入りました^^;

とは言っても、まだ1か月。そして安定していても、やはり危うい感じはあります。
でも、今穏やかに過ごせている事は本当に幸せな事で。
退院の日に大学病院の自動ドアを出て、久し振りに外の空気を感じた瞬間のhanaの顔。
あー本当によく頑張ったんやね。と、我が犬ながら尊敬してしまいました。

眼科の先生にもhanaちゃんは器官が粘り強い^^;と言われています。
普通はとっくに切れてるはずの「水晶体を吊っている糸」が、かれこれ3年切れずに踏ん張っているのです。
私も同感です。hanaは何だか粘り強い!
だからきっとまだまだ粘るはず。

散歩も普通にしています^^
20150720213415_deco1

どうか一日でも長く幸せに過ごせるように、と願う毎日です。20150719134355_deco

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年7月14日 (火)

雨上がり -講座モチーフ-

Img_00081
7月後半は風景。
滋賀県マキノのメタセコイア並木、雨上がりです。
葉っぱはスプレー、道路の映り込みで雨上がりの
雰囲気を出しましょう。

ここは本当にベタすぎる位綺麗な一点消失の景色です。

月2回クラス、溝の口第3、伊勢原第4クラスのモチーフです。

今日はタイムアップの為、これにて失礼しまーす!
すみません。
スプレーや紙やすりは持参しますが、お持ちの方は
持参下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »