カテゴリー「山登り・自然」の8件の投稿

2015年8月31日 (月)

綾広の滝 -講座モチーフ-

Img_00051

9月と言ってもまだまだ暑いだろうと滝モチーフを用意していたら
なんだか肌寒い。
でも今年の夏の名残りとして、「滝」を描きましょう。

月2回クラス、溝の口第1、伊勢原第2、緑山クラスのモチーフです。

青梅の御岳山ロックガーデンにある「綾広の滝」です。
滝行も行われている滝。手前に鳥居があります。

滝の水流は塗り残し。
滝の上の木々は平筆で溶かしていますが、
スプレーやプチプチを使っても良いですよね^^


久し振りに山へ行ってきました。
久し振りで体力に全く自身がなかったので、
ケーブルで御岳山へ登り奥のロックガーデンを散策するという
ほとんど汗もかかないようなコース。
小雨降る中だったのでしっとりと山に包まれている気持ちになります。

20150831104203_deco1


神代けやき。推定樹齢千年、平安時代からあったとか。
よく見ると木に岩が組み込まれていて、岩を押し上げて
成長してきたんでしょうね。
20150831103348_deco1

そして「レンゲショウマ」を初めて見る事が出来ました。
神社の参道に群生というよりひっそりと少しだけ
咲いていた、小さくて可憐な姿でした。
やっぱり山はいい!

20150831103239_deco1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月16日 (月)

窓のある風景 -講座モチーフ-

Img_00041_2
3月後半は、南フランスの風景を描いてみたいと思います。
石造りの家の窓辺・・・いいですね^^

窓の中の暗さがポイントになります。
窓の中がぼんやりしていると絵全体にメリハリが出ませんし
白いお花も引き立ちません。

そして左の葉は前回と同じ「プチプチ」です。
プチプチがある方はお持ち下さい。
普通に色鉛筆で描いても良いと思います^^


月2回クラス、溝の口第3、伊勢原第4クラスのモチーフです。


今年2回目の山。
といっても北鎌倉から銭洗い弁天を通り鎌倉大仏の裏手へ
出るというものすごく楽ちんコース。
スニーカーに普通の出で立ちで十分なところを登山靴と登山
ウェアで歩いてきました。

そしてメインは「食」^^;

妹オススメの小町通り「なると屋」。
鎌倉のお野菜を中心にした定食は特に天ぷらが絶品。

20150316111020_deco1


そして前から行きたかった御成町の雲母(きらら)。
ここは出来たての白玉!で作る白玉クリームあんみつ・・・
白玉がまだ温かいんですヨ^^^^

20150316110901_deco1

やっと春が来たので、そろそろ山メインの山にも行こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月30日 (日)

ひつじ -講座モチーフ-

Img_00091
明日からもう12月!
12月前半は、ひつじを描いてみたいと思います。
来年は未年。気にいった作品が描けたらぜひ年賀状に^^♪

月2回クラス、溝の口第1、緑山クラスのモチーフです。

(※伊勢原第2クラスは
チューリップを描きますのでお間違えないように。 
 花瓶をお持ち下さいね。)


白っぽい色のひつじなので、周りの草色で形を出します。
最近白っぽいモチーフが多いですね。
そして画面左からの「光」を感じさせるように、ひつじにも
草地にも、効果的に影を付けましょう。

このひつじは、神奈川県秦野市の「めんようの里」のひつじ達です。
昨年から作品としても何度か描いています。
ご参考まで・・・^^

『Autumn air』
カレンダー2014年11月に使用

11_autumn_air1_3

『よろしく』
カレンダー2015年1月に使用

1


『またね』
カレンダー2015年11月に使用

1_2


ちなみにひつじを近くで見るとこんな感じです。
なんと黒目が横長!
人間や犬は丸。猫は縦長ですよね。
横長って初めて見たので衝撃的でした^^;

Img_74151_2

先週末は奥多摩の高水山へ。
紅葉が本当に美しかったです。

Dsc_05001



hanaさんは雨で汚くなったプラタナスの落ち葉の上を
しつこくクンクン。
雨上がりは色んなニオイがして刺激的なようです。
もう秋も終わり。
冬がやってきますね。

Dsc_05151

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 7日 (木)

北八ヶ岳登山

Linecamera_share_201408071432241
先週末は、去年の唐松岳に続いて2度目の
山小屋泊まり登山へ^^

今回は北八ヶ岳の天狗岳を目指します。
初日は小屋のある黒百合平まで2時間半、標高差550mの行程。

Img_78471

北八ヶ岳は「苔」の宝庫。
時々雨の降る中、最初の写真のような苔びっしりの大きな
石の頭を滑らないように踏んでいくのはなかなかの苦行です^^;

でもまるで違う世界に迷い込んだみたいで、どんどん
頭も心も解放されていくのです。

そしてやっと辿り着いた『黒百合ヒュッテ』♪
Img_78721


小屋の中は昼間でも薄暗く、それが中々良い雰囲気。
ピアノや薪ストーブもあります。
さすがにストーブは焚いていませんでしたが、標高2000m
程の山の中は長袖にダウンを着ないと寒い位。

Dsc_00611


そしてカップケーキやこけももティなんていうカフェメニュー
もあるんです。さすが山ガールに人気の小屋。
2日目のお昼はこれ↓を頂きました^^

Dsc_00911


山小屋の夜は早く、朝も早い。
消灯時間の20時半を待たずお布団に入り、4時過ぎに起床。

雲が多くて日の出は見られないだろうと、横着して部屋から
登ってきた太陽を拝む。

Img_78761_3

5時に朝食を済ませ、6時には快晴の中 天狗岳へ出発です^^
山の天気は変わりやすい。

Img_78791

天狗岳は標高2646mの双耳峰。
西天狗と東天狗のふたつの山頂があります。
左側の東天狗の↓ぽこっと突き出ているのが天狗の
鼻みたいというのが由来だとか。

Dsc_00671


2時間弱の登り。だんだん天狗の鼻が近づいてきます。
北西方面には遠く北アルプスの山々も見えて
本当に気持ちいい!

Dsc_00791

天狗岳は岩が多くて両手も使ってよじ登っていきます。

Dsc_008011


途中から雲行きがあやしく、東天狗に着いた
頃には東から厚いガスがどんどん湧いてきて!

Dsc_00881

周りの方は西天狗や、ここから色んな山へ縦走
される様でしたが、初心者は無理しちゃいけま
せんので、急いで小屋へ戻り、おとなしく昨日の
苔道を戻りました。

この苔の岩を下るがものすごーく疲れる。
最後は気力体力の限界でした^^;
まだまだだなーと思い知らされる山行でしたが
やっぱり山は良い。
あんなに辛かったのに下りたらすぐ、
次はどこへ登ろうと考えてしまうのです。

ちなみに、hanaちゃんはお留守番?と心配して
下さる方もいらっしゃるのですが、泊まり登山は
いつも友人と。
hanaは旦那さんと仲良くしてたはずです^^
ただ私が帰るまで全然食欲が無かったようですがbearing


あぁちょっと長かったですね^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月29日 (日)

良いお年を

1388325962598.jpg
初めてスマホから投稿してみますが、写真サイズの調整が出来ない。。きっと巨大ですよね、この写真(^-^;

今年の登り納めは、西丹沢 大野山。
頂上付近に牧場がありそこまで車で登れる723.1mの山。ということでそんなに期待してなかったのですが、下から歩いても程よく気持ちの良い登り道で、何より富士山の眺めが物凄く素晴らしかったです!
清々しい登り納めを終え、昨日から実家です。hanaも1日遅れで今日やって来ました。

本当に年々時間の経過を早く感じます。
2013年もあっという間に過ぎようとしていますが、受講生の皆さま、そして今年お会い出来た皆さま、ありがとうございました。
今年の講座でお伝えしきれなかった事や新しくやってみたい事。
来年からももっと楽しんで描いて頂けるように、頑張ろうと思います!
どうぞよろしくお願いいたします。

関西は意外に寒いです。
どうぞ皆さま良いお年をお迎えください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年10月13日 (日)

パン -講座モチーフ-

Img_00031
10月後半は パンです。
食欲の秋!ですもんね^^

月2回クラスと溝の口・伊勢原クラスのモチーフです。

パンを描く時は筆は軽く動かし、触りすぎず。
”美味しいものを描いている”というイメージを持って下さい。
色は黄・オレンジ・赤・赤茶など暖色系を効かせるのがコツですね♪

パンは新百合ヶ丘のブーランジェリー メゾン ユキさんから
クロワッサンとトマトのフォカッチャをご用意します。


今日は丹沢の鍋割山へ。

頂上の山荘には人だかり。
Dsc_04061


皆のお目当ては名物の鍋焼きうどん!
暑い夏も寒い冬も山で暖かいものを食べるととっても元気が
出ます。美味しかった!
Dsc_04011


山は少し色付き始めていました。

Dsc_04221

それにしても、とにかく、疲れましたsweat01
北アルプスなんかに行って少しは体力付いたかな~と
調子に乗っていましたsweat01

標高1272.5m。高さはそれほどでもないですが、
標高差(登山口から頂上までの高さ)は1000m程。

先日の唐松岳でも標高差800m位だし、大体標高差600m前後
の事が多いので、この差はキツかったです。
山の高さより、どこから登り始めるか、が重要なんですよね。
往復7時間以上・・・
明日から筋肉痛と戦う事になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月16日 (月)

唐松岳!

台風18号で今日はこの辺りも暴風雨の中にいますが、
その前日、土日で北アルプス唐松岳、初の山小屋泊登山に行ってきました。

不安定な天気予報に少々ビクつきながら
1
時間程で観光地でもある八方池に。
条件が良いと鏡のような池に背後の八方三山が映るそうですが
雲でなーんにも見えず。

1379298432101_3


ここから更に3時間程登ります。

奥にチラリと見えてきたのが多分唐松岳!
ほんとにあんな所まで行けるんだろうか。。

1379298272945_2


ここにも夏の名残りの高山植物が沢山。
曇りの方が植物はしっとりと綺麗です。
1379298092816



尾根道を延々歩きます。
頂上が段々近づいてきてます。

1379306987716

そして!嬉しい事に山頂に着いた頃には霧が晴れてきて
360度のパノラマが見え隠れ!
感動ものです。

1379297787788


八方池では見えなかった白馬三山ものっそりと姿を現しました。
ちょっと恐ろしい位。

Dsc_02351

標高2696.4m。
雲上の人達。

1379297870068

1379297485157

山頂から見た、斜面に建つ山荘。
素晴らしいロケーション!

1379297533519

そしてこの後天気は下り坂。
夜には雷雨。
そして早朝には霧が晴れたもののバリバリと耳元で鳴る強風の中
モノクロの山々が段々色づいていく荘厳さ。
朝の空気の中に見える濃い緑の山々・・・
雨に降られての下山・・・。
色々残したい景色があったのに、ちょっとしたハプニングでスマホの
充電が切れ、写真が撮れず・・・・・ はぁ残念((+_+))
でも雲上の世界での出来ごとはしっかり頭と胸に焼き付けました^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月18日 (日)

暮雨の滝 -講座モチーフ-

Img_00051
8月後半は、水辺の風景 最終。
大分県の暮雨の滝を描きます。

月2回クラスと溝の口、伊勢原クラスのモチーフです。

滝は塗り残し(滝の水流の周りに色を付けて水流の形を出す)です。
塗り残しって結構楽しいですヨ^^


さて、霧ヶ峰へ行ってきました。
昨年hanaと行った時は、犬連れ且つ私は微熱でフラフラしていて
あまり遠くまで行けなかったので、今回はどこまでも歩いてきました^^
写真がありすぎて、以下長いです。

車山からはるかに続く道を。
Img_70671


ニッコウキスゲの季節が過ぎると人も少なめ。
Img_70821


片道2時間程歩いて辿り着いたのは八島ヶ原湿原。
↓クリックすると大きくなりますが、広がりはこのパノラマでも伝えきれません。
Dsc_0124


天然記念物に指定されているこの一帯は、植物の宝庫でした。

Img_71781

マツムシソウや野アザミや・・・きりん草や、名前を知らない
花もたくさん。

ワレモコウも。高原は少し秋の気配・・?

Img_71771


蝶や蜂もたくさんいて。
都会じゃなくてここで生まれて幸せだなぁ。

Img_71531


新田次郎の「霧の子孫たち」という小説は、この霧ヶ峰
にビーナスラインを通すのに反対した人達の話でしたが
この自然を目の当たりにすると、今日私も走ってきた道路
にとても違和感を感じます。
ちなみに、小説は途中で挫折中ですが^^;

Img_71791

なんというか、
天国がこんなところだったらな、と思える場所でした。

Img_72001

| | コメント (4) | トラックバック (0)